静岡市 漢方薬局 鍼灸


症例別一覧
健康維持
こころの病
慢性疲労
摂食障害(過食・拒食)
不眠症
自己免疫疾患(膠原病)
甲状腺機能障害
癌(がん)
月経(生理)不順
子宮内膜症
不妊症・不育症
つわり(妊娠悪阻)
更年期障害
自律神経失調症
冷え症と低体温(内冷え)
過敏性腸症候群(IBS)
皮膚トラブル
生活習慣病
糖尿病
認知症予防
アンチエイジング
肩・腰・膝の痛み
子どもの健康
大天堂薬局十一カ条
大天堂薬局
アクセスマップ
〒420-0868
静岡県静岡市葵区宮ケ崎町58
営業時間:午前9時~午後7時
休業日:日曜・祝日・年末年始

静岡 漢方 大天堂薬局 » ニュース » アンチエイジング

2012年7月25日

アンチエイジング

アンチエイジングというと
美容を連想する方が多いと思います。
ここでは、
「アンチエイジング=美容」という風に
肌だけではなく、
内臓を含めた身体全体のアンチエイジング
についてです。

もちろん、美容も関係する話です。
最近は女性だけでなく、
男性でも悩んでいる方が多いようですね
容姿が老けて見えるのは、
皮膚全体に張りがなく、
たるみ、しわ、シミなどがあるためです。
これは新陳代謝の低下によって、
身体を作っている60兆個の細胞が乾燥して、
錆ついていていくことによります。


【低体温とアンチエイジング】
「体温が1℃下がると、基礎代謝が12%下がる」
有名な話ですね。
基礎代謝が低下すると、
細胞は水分調節がうまくできなくなり、
酸素や活性酸素などの酸化ストレスを受けてしまいます。
細い血管の隅々まで血液をサラサラと常に流すことが、
基礎代謝をあげるための基本です。
若いころはサラサラした汗をかいていたのに、
なんだか最近、ベトベトして、脂肪、アンモニアなどを含んだ
臭いのきつい「汚れ汗」をかくのは、
低体温で血液が汚れてドロドロになっているのが原因かもしれません。

あなたは自分の体温、知っていますか?

手足が冷えるから低体温とは限りません。
反対に手足が冷えない人の低体温が急増しています。

36℃以下の低体温になると、
・自律神経の失調
・免疫機能の低下
・ホルモンのアンバランス
・血流障害
のような影響があらわれ
、これがまた2次的にさまざまな障害をもたらします。

つまり、「低体温」はアンチエイジングの大敵です。

【加齢とともに全身の機能は低下する】
私たちの体の機能は加齢とともに低下していきます。
例えば、
30歳の体の機能を100%とすると
80歳では、
肝臓45%、
腎臓65%、
血流40%、
胃腸40%、
筋肉20%、
心臓65%です。
アンチエイジングは、
「これら臓器の機能低下スピードをゆっくりにすること」

なんですよね。
各機能の低下は
慢性病、気力・体力の低下の原因となります。
特に解毒排泄器官である
「肝臓、腎臓の強化」は大切です。

【漢方のアンチエイジング:補腎】
漢方では、
体内の生理機能を大きく
肝・心・脾・肺・腎
の5つの系統に分けています。
この中でとりわけ大切なのが「腎」ですが、
漢方でいう腎は単に腎臓だけを指すのではなく、
全身の生命エネルギーの源と考えられています。
つまり、子孫を残す生殖機能をはじめ、
尿による水分調節や全身の若々しさを保つのも
腎の働きによるものです。

従って、腎の働きが低下するとさまざまな症状が現れてきます。
男性ではインポテンツ、
女性では閉経などの生命力の低下が現れたり、
骨粗鬆症や老人性痴呆などの老化現象をはじめ、
免疫や自然治癒力の低下による
倦怠感、疲労感、腰痛、頻尿などの症状を
招くことも考えられます。

このような腎の力が不足し衰弱した状態を
「腎虚」といい、
必ずしも腎臓だけの病気ではなく、
脳下垂体から副腎そして泌尿生殖器を含む系統の
機能障害と考えられます。
この「腎虚」を治すことを「補腎」といい、
そのために補腎薬を服用します。

【腎虚が疑われる症状】
尿の出やキレが悪い
足腰が弱った感じがする
疲れやすい
膝や腰が痛む
ストレスを強く感じる
寝つきが悪い
もの忘れしやすい
朝、起きづらい
病気が治りにくい
肌にシワやシミが増えた
よくノドが渇く
白髪や脱毛が増えた
目が疲れる
味覚がにぶくなってきた
耳鳴りがする
肩こりがひどい
手がふるえる
生理不順・生理痛がひどい
全身がむくむ
いつも手足が冷たい  など。

【健康長寿の栄養素:アルブミン】

アルブミンは、
血液や筋肉の原料となるタンパク質で
肝臓で作られます。
身体に栄養を運んだり、余分な水分を回収します。
また、母乳の主成分としても有名です。

あなたが低栄養かどうか判断する血液検査値があります。
それがアルブミン(ALB)です。
基準値は4.0~5.0mg/dl(病院によって異なる場合があります。)ですが、
健康生活を余裕を持って送れる理想値は
4.3mg/dl以上です。

採血の結果が手元にあればみてみましょう。

アルブミン値が低下すると
・筋力低下で歩けなくなる
・免疫低下で病気になりやすく、治りにくくなる
・認知症のリスクが高まる
・心臓へのゆたんが増える
などの自覚症状やリスクが増えます。


近年、アルブミン不足の方が増えていると
国民栄養調査でも明らかになっています。

アルブミンを増やすためには
・肉、魚、卵、大豆類などのタンパク質をしっかり食べる。
・よくかんだり、胃腸の調子を整える。
・肝臓を元気にしてアルブミンの産生を高める。
・運動して筋肉を増やす。
などがあります。

新型栄養失調・低栄養といった
カロリーは足りているのに
タンパク質やビタミン・ミネラルが不足している状態も
問題視されています。

より効率よく栄養補給したい方は
食生活を改善しつつ
あなたにあった栄養剤を飲みこともお勧めします。


【大天堂薬局の対応】
誰でも歳をとります。
ですから、
ここからはアンチエイジングではなく
スローエイジングとして語ります。

私は、
「なりたい自分を思い描き、
そのために行動し、思いを貫く通す」
ことがスローエイジング成功のポイント
だと思います。
なぜそう思うのか?
私とご縁のある方たちの中には、
とても元気でパワフルな方がたくさんいます
中には、年齢を聞いてびっくりするような方も大勢います
その方たちをヒントにポイントを3つに絞ってみました。

【私が考えるスローエイジングの3つのポイント】

〇自分のリズムに合った方法をする。
「みんながやっているから」とか
「世間でいいと言われているから」ではなく、
自分で信じられる方法を見つける。

〇行動し、継続する。
とにかくやってみて、続けることが大切です。

〇年寄り観念を打破する。
「長生きがいい」とか「もう年だから・・・」
と年齢云々ではなく
なりたい自分を目指す。


以上のことから
「なりたい自分を思い描き、
そのために行動し、思いを貫く通す」
ことがスローエイジング成功のポイント

だと考えています。

「当たり前」とか「きれいごと」と思う方もいるかもしれませんが、
その「当たり前」、「きれいごと」を貫き通している方たちが
元気に、パワフルに生活しているのも事実。

また、加齢とともに、
免疫力、新陳代謝が下がり、
自律神経やホルモンバランスが乱れ血流が悪くなる。
つまり老化していくのも事実。

あなたの求める健康のために生活習慣などをよく伺い、
食事・生活指導を中心に、
あなたの体質に合った漢方薬・サプリメントを選定いたします。



いつまでも、
きれいで健康でいたいあなたの想いを
一生懸命応援します!


特に
現在の辛い症状や気持ちを聞いてほしい方。
しっかり相談して自分に合った健康法をしたいけど、相談する人がいない方。
そのため、今やっている健康法(通院や通販など)に自信のない方。
に大天堂薬局は向いています。

相談には勇気が要りますよね。
勇気を出して、お気軽にご相談くださいね。

直接来局して面談することをご希望の方は、
来局予約に沿ってお電話、メールでご予約下さい。

来局が難しい方は、
メール相談に従ってご記入の上、
送信してください。

あなたは元気になったら何がしたいですか?


ページの先頭へ
ホームページ制作 静岡