静岡市 漢方薬局 鍼灸


症例別一覧
健康維持
こころの病
慢性疲労
摂食障害(過食・拒食)
不眠症
自己免疫疾患(膠原病)
甲状腺機能障害
癌(がん)
月経(生理)不順
子宮内膜症
不妊症・不育症
つわり(妊娠悪阻)
更年期障害
自律神経失調症
冷え症と低体温(内冷え)
過敏性腸症候群(IBS)
口臭・体臭
皮膚トラブル
生活習慣病
糖尿病
認知症予防
アンチエイジング
肩・腰・膝の痛み
子どもの健康
大天堂薬局十一カ条
大天堂薬局
アクセスマップ
〒420-0868
静岡県静岡市葵区宮ケ崎町58
営業時間:午前9時~午後7時
休業日:日曜・祝日・年末年始

静岡 漢方 大天堂薬局 » Q&A » 漢方薬には副作用がないって本当ですか?

漢方薬には副作用がないって本当ですか?

漢方療法の視点では、本当です。
これは漢方薬が天然のものだからという理由でなく、
漢方の方法論において
副作用という概念がない
ということです。
漢方では副作用が出た場合は誤治(ごち)、
すなわち診断ミスか投薬ミスとみなされます。
このようなことがないよう、
私は慎重かつ真剣にあなたのカウンセリングをする必要があるわけです。

すると、
西洋医学の視点からは、
漢方薬と言えど副作用はある

ということになります。
有名なところで
・麻黄による興奮、食欲不振、胃痛
・地黄による胃腸障害
・甘草による低カリウム血症
 (血圧上昇、全身倦怠、筋力低下、浮腫などがあります)
・桂枝による湿疹
・大黄による下痢、腹痛、流産
・ブシによる舌のしびれ、頭痛、心悸亢進、のぼせ
これらは 服用を中止することで、
これらの症状は自然に治まります。
他にも、
・肝機能障害
・間質性肺炎
 (インターフェロン製剤投与中の患者さんなどは、
 間質性肺炎の発症率が高まるという報告もあります。)
などがあります。

いずれにせよ、
西洋薬にくらべて、はるかに副作用が少ないといえます。
一部の有効成分を化学的に合成した薬ではなく、
自然が作り出した植物性・動物性のものだから
というのも理由の1つでしょう。

そのお陰で大天堂薬局でも
妊娠中や薬物アレルギーをお持ちの方、
慢性病で長期服用が必要な方に、
安心して服用いただいております。

直接来局して面談することをご希望の方は、
来局予約に沿ってお電話、メールでご予約下さい。

来局が難しい方は、
メール相談に従ってご記入の上、
送信してください。

一覧へ戻る

ページの先頭へ
ホームページ制作 静岡