静岡市 漢方薬局 鍼灸


症例別一覧
健康維持
こころの病
慢性疲労
摂食障害(過食・拒食)
不眠症
自己免疫疾患(膠原病)
甲状腺機能障害
癌(がん)
月経(生理)不順
子宮内膜症
不妊症・不育症
つわり(妊娠悪阻)
更年期障害
自律神経失調症
冷え症と低体温(内冷え)
過敏性腸症候群(IBS)
口臭・体臭
皮膚トラブル
生活習慣病
糖尿病
認知症予防
アンチエイジング
肩・腰・膝の痛み
子どもの健康
大天堂薬局十一カ条
大天堂薬局
アクセスマップ
〒420-0868
静岡県静岡市葵区宮ケ崎町58
営業時間:午前9時~午後7時
休業日:日曜・祝日・年末年始

静岡 漢方 大天堂薬局 » Q&A » 漢方薬が効く人と効きにくい人がいるのはなぜですか?

漢方薬が効く人と効きにくい人がいるのはなぜですか?

自分にあった漢方薬を選ばれたかどうかが
一番問題になるのは言うまでもありません。


漢方薬には、
同じ効能効果が記載されたものが
何種類もあります。

そこから自分の体質にあったものを選ぶのですが、
ここで間違えると、(例えば冷える体質の人が
さらに冷やすものを選んでしまうなど)
効かないどころかさらに体調が悪くなってしまいます。

では、

ここで間違えずに正しいものを選んだのに
効く人と効かない人がでるのはなぜでしょう。


その理由は漢方薬の化学的構造と
服用する人の腸内環境
で説明が出きます。

少し専門的になりますが、
漢方薬は複数の生薬から構成されています。
漢方薬を構成する主な生薬成分の多くが配糖体です。

配糖体とは、糖がグリコシド結合により
様々な原子団と結合した化合物の総称です。
配糖体の元となる糖をグリコンと呼び、
残りの原子団に水素を結合させたものを
アグリコンと呼びます。

漢方薬が血中に入り薬効を発揮するためには
くっついたグリコンとアグリコンが
別々に分解されないといけません。
この分解をしてくれるのが腸内細菌です。
腸内細菌がグリコンを食べ、
残った
アグリコンが血中に入り薬効を発揮します。

この分解をしてくれる腸内細菌はなんでもいいのではなく、
善玉菌と一部の日和見菌なんです。

つまり、
腸内環境が善玉菌が多い方は漢方薬の効きがよく、
悪玉菌が多い人は効きが悪くなると
考えられます。

このメカニズムが漢方薬が効く人と効きにくい人の差になります。

最近、ご相談に見える方で、
まず漢方薬が効く身体を作る提案
させていただくことが増えています。
その背景にあるのが食生活の乱れやストレス過多
などがあります。

中には、漢方薬を効く体を作るだけで、
漢方薬を飲まなくても改善が見られるケースもあります。

あなたにあった方法で改善を目指しましょうね!

直接来局して面談することをご希望の方は、
来局予約に沿ってお電話、メールでご予約下さい。

来局が難しい方は、
メール相談に従ってご記入の上、
送信してください。

一覧へ戻る

ページの先頭へ
ホームページ制作 静岡